スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<嘱託殺人>「苦しむ父、見かねた」容疑の少年(毎日新聞)

 大阪市鶴見区のマンションで12日、少年(17)が病気の父親(44)を殺害した容疑で逮捕された事件で、父親が少なくとも数カ月前から、少年に「しんどい。殺してくれ」と殺害を懇願していたことがわかった。また、大阪府警鶴見署によると、少年は父親からの殺害の依頼に従った理由を、「父親が苦しむ姿を見るに見かねてやった」という趣旨の言葉で説明しているという。父親は肝臓を患うなど最近になって体調を悪化させており、同署は、体調に悩んだ父親が少年に繰り返し殺害を頼んでいたとみて、さらに詳しく調べている。

 父親の知人らによると、父親は体調の悪化で、最近は寝たきり状態だった。次第に弱音も吐くようになっていたという。父親は今年に入り、近所の飲食店を訪れた際、一緒に食事をしていた少年に「もうしんどい。おれを殺してくれ」と漏らした。これを聞いた店の経営者がすぐに「大事な息子に何させるんや」とたしなめたという。【安藤龍朗、向畑泰司】

 ◇母は数年前に病死

 「(少年は)父親のことがとても好きで尊敬していた。父親にとっても自慢の息子だった」。仲が良かった父子を知る人らは一様にこう話した。しかし、少年は自らの手で父親の命を絶った。

 父親の知人らによると、少年は一人っ子で、母親は数年前に病死した。父親は当時、「(母親を)幸せにしてやれなかった」と落ち込む一方で、「(少年と)2人で頑張る」とも話していたという。父親はこのころから「眠れない」と言って、睡眠導入剤を服用するようにもなった。

 父親と親しい運送業の男性(26)は「とにかく、父親は(少年を)かわいがっていた。小学生のころは我流でキックボクシングを教え、礼儀もきちんとしつけていた」と話す。また、父子が食事のために通っていた近くの居酒屋の店長(40)は「父親はいつも『あいつはええ男や』と息子を自慢した。(少年は)近所の人に会うと、きちんとした言葉であいさつする礼儀正しい子だった」と語った。

 しかし、父親は体調を崩しながらも好きな酒をやめることはなく、症状は悪化する一方だった。近所の住人によると、事件前日の11日夕にも、日本酒3ケースが自宅に届けられていたという。

 事件を知った知人らは少年の動機について、口々にこう推し量った。「大好きな父親がどんどん弱っていくのが、しんどかったんだと思う」--。

【関連ニュース】
<事件の一報>嘱託殺人:父親殺害で17歳少年逮捕 「頼まれた」と供述
嘱託殺人:68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決
放火・殺人:自宅に放火、父殺害 容疑の42歳男逮捕
殺人:息子が父ら2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌
殺人:父親ナイフで刺し失血死 24歳を容疑で逮捕

<菅首相>地域主権改革3法案の成立微妙(毎日新聞)
参院選 一転「公示後に応援決める」橋下知事の動向に熱視線(産経新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
口蹄疫 宮崎、日向も感染疑い 都城の牛3頭は「陽性」(産経新聞)
山岳遭難事故、過去最多=55歳以上が6割―警察庁(時事通信)
スポンサーサイト

<貧困ビジネス>NPO元代表 生活保護費受給母娘から数百万円徴収(毎日新聞)

 敷金扶助などの生活保護費を巡る詐欺事件で、大阪府警捜査4課に逮捕されたNPO法人「国民生活支援ネットワークいきよう会」元代表の由井覚容疑者(51)が、事件で利用した女性(24)とその母親(43)から、数年間にわたり、生活保護費など計数百万円を受け取っていたことが、捜査関係者への取材でわかった。生活保護費を脅し取った可能性があり、府警は恐喝の疑いもあるとみて詳しく調べている。

 捜査関係者によると、由井容疑者は知人の元組員から、金に困っているという母親を紹介された。その後の05年末、大阪市西成区役所を母娘を連れて訪れ、生活保護と転居のための敷金扶助などを認めるよう職員にかけ合って認められた。それ以降、由井容疑者は生活保護を受ける母娘から、名目を付けて継続的に金を徴収していたという。

 一方、大阪市によると、母娘は05年末から計6回以上、転居を繰り返し、その都度、敷金扶助などを市から受け取ったが、申請の大半に由井容疑者らがかかわっていた。引っ越しも、由井容疑者と共に逮捕された内縁の妻で引っ越し業者の田村京子容疑者(60)=同市天王寺区=が請け負っていた。

 ◇不動産業界、慣習悪用か

 生活保護の敷金扶助を詐取したとして、大阪府警は次々に「貧困ビジネス」を摘発した。いずれの事件も、不動産仲介業者の影が見え隠れする。大手不動産仲介会社「エイブル」の社員も府警捜査4課に逮捕された。自称NPO幹部の畑勲容疑者(47)=府警捜査2課が逮捕=は、複数の不動産仲介業者と協力関係を結んでいた。背景には、敷金や礼金を巡る業界の不透明な慣習が浮かび上がる。

 生活保護受給者が転居する場合、自治体は転居費用を扶助する。特に高額なのは、賃貸住宅に入居する際の敷金や礼金に充てる敷金扶助。大阪市は今年3月まで、上限は約30万円だった。

 敷金扶助の申請に必要な不動産仲介業者の書類について、大阪市のある業者は「敷金や礼金はそもそも法的根拠がなく、書類に書き込む数字は思いのまま。業界の慣習だが、それが貧困ビジネスに悪用された」と漏らす。

 畑容疑者と取引があった大阪市西成区の業者は「(畑容疑者に)人気のない物件を紹介して入居者を確保してもらい、礼金の一部をバックしていた」と明かす。書類の敷金の欄に扶助の上限額を記して畑容疑者に渡したこともほのめかし、「それが世の中の流れ」と声を潜めた。

 大阪市の担当者は「見抜くのは難しい。すべてを疑いの目で調査するのは不可能だ」と困惑する。業界団体「大阪府宅地建物取引業協会」の幹部(66)は、エイブル社員の逮捕について「業界全体にとっては迷惑だ」と憤った。

<岐阜県>産廃施設許可取り消し 住民への説明会なく(毎日新聞)
首相、腹案について「具体的に申し上げるつもりない」(産経新聞)
思い出をどのような形で残していますか?(Business Media 誠)
明石の歩道橋事故、明石署元地域官ら実刑確定へ(読売新聞)
天皇ご一家、迎賓館見学(時事通信)
プロフィール

Author:ミスターゆういちしらいし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。